簡単なFX用語と取引の手法について

Pocket

 

FX用語集

『買い』→ ロング
『売り』→ ショート
『ピプス』→ FXチャートでの単位
『ask』→ FX会社がこの価格で通貨を売り投資家は買う
『bid』→ askの逆で、FX会社が買い、投資家は売り
『スプレッド』→ askとbidの価格の差

FX取引手法

①スキャルピング…数秒〜数分 為替差益
②デイトレード…数十分〜1日以内 為替差益
③スイングトレード…数日〜数週間 為替差益 スワップ金利
④スワップトレード…数ヶ月〜 スワップ金利

①スキャルピング

メリット

  • 短時間で決済する。結果がが早くでる
  • ポジションを長く保有しないでストレス少ない。
  • 少ない資金でできる

デメリット

  • パソコンに集中している必要がある。
  • 一回で大きな利益は難しい。

②デイトレード

メリット

  • 1日という枠を設けるので負けても仕切り直しやすい
  • チャート中心で初心者向き
  • 少ない資金でできる

デメリット

  • 相場の流れを読む知識と経験が必要
  • 単純でいて奥が深い

③スイングトレード

メリット

  • あまり時間の取れない多忙なひとで可能
  • スワップ金利が含まれる

デメリット

  • デイトレに比べて利益も損失も大きい
  • 資金力が必要

④スワップトレード

メリット

  • 外貨預金より効率的

デメリット

  • 相場が大きく動くと金利の分以上の為替差損が発生してしまう

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください